2007年10月24日

島田紳介の本

今回は、チョットおもしろい本の紹介をさせていただきます。

漫才の出身で最近はすっかり司会が本業になっている、あの島田紳助さんが書き下ろした「ビジネス本」を紹介します。
島田伸助さんは本業のお笑い以外に、飲食を中心としたサイドビジネスを幅広く展開されておられるのですが、今までそのサイドビジネスで失敗したことが一度もない、というのです。
そんな紳助さんの「サイドビジネス成功の法則」が書かれたのが本書です。

たいへん読みやすい本で、新書で値段も安いですから、気楽に読んでもらえると思います。そのなかのエピソードにこんなのがあります。
デビュー当時、楽屋の陰で先輩漫才師の芸を、客席を見ながら先輩の芸のどこの部分で、お客さんがどんな反応を示すかを細かく一生懸命ノートにとって勉強したとのことです。

「お客さんを観察し、心理を想像すること」の大切さはビジネスでも同じだということ。「どんな店を出せばお客さんは喜ぶのか」「どんな商品を扱えば、お客さんは買ってくれるのか」、紳助氏の人間観察に基づいた分析がビジネスを今まで成功に導いてきたのだということが良くわかります。
さらに、本ではどのように人間を観察するのか、あるいはお客さんの心理を想像するのか、そのあたりを読んでいただくと、さらに勉強になります。本の名前は、

        「ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する」
    - 絶対に失敗しないビジネス経営哲学 -
   幻冬舎新書 島田紳助 著

            

 
posted by てつ at 16:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 大人の教養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

新規事業開始
Excerpt: 昨日は西宮で新規事業に関しての会議をした後、大阪で私が主催する12月2日のクリスマスパーティーの打ち合わせに行ってきました。 実はこの度、某ビジネスプランコンテストで特別賞をもらったビジネスプラ..
Weblog: ☆ミスログ☆
Tracked: 2007-10-24 20:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。