2007年02月14日

パソコンスキル

パソコンはインターネットくらいにしか使えない、という方はたくさんおられます。文書を作ったり、表作成や計算式を入れたりできればその使用範囲が一気に広がるだけでなく、パソコンの面白さや価値が大きくなります。

就職や転職対策でも一番求められるのがパソコンのスキルです。中でも、その基礎になる「文書作成」と「表計算」は今や知っていて当たり前になってきています。

一方、学習は何でも基礎は我流でなく、正しい方法を学ばないと限界がすぐにきます。そこで、各種のパソコンスキルを今、家にいながら学べるという「eラーニング」が人気です。インターネット接続されたパソコンがあればすぐに始められます。

富士通のパソコンスキルのeラーニングが人気のようです。3ヶ月間でかなりのレベルまで習得でき、資格まで取れるようです。
    
   
   富士通FOM/MOS試験対策一般 Excel2002
posted by てつ at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

ベストセラー

外が寒い冬の日曜日。コタツに入って「読書」もいいものです。もちろん本は肩のこらない、吸い込まれていく内容のものです。
あたたかいコーヒーなど飲みながら、気づきに感動し、同時に新しい知識を吸収してみませんか。 おすすめの1冊です。

全国書店売り上げナンバーワン。
「病気にならない生き方 2」新谷弘実/著

【解説】
医学が進歩しているのに、病人が増えるのはなぜだろう?全米ナンバーワンの胃腸内視鏡外科医が教える太く、長く、生きる方法。 著者は膨大な臨床結果から、「食歴」と「生活習慣」こそが健康状態を決める最大の要因であることをつきとめた。この本を読めば日々のわずかな努力で、病気にならずに天寿をまっとうすることができる。

刊行以来、老若男女を問わず、100万人以上の読者から「目からウロコが落ちた」「いままでの常識が覆された」と絶賛された『病気にならない生き方』。その待望の第二弾がいよいよ刊行となりました。

■第1章 常識を信じていると危ない!(四十年間、私が死亡診断書を書かなかった理由/元気な百歳になる方法 ほか)
■第2章 太く長く生きるための食べ方(あなたはあなたが何を食べているかで決まる/新谷食事健康法でガンが再発しない理由 ほか)
■第3章 この習慣が健康な体をつくる(病気の大半は遺伝よりも習慣に原因がある/習慣は遺伝子を書き換える ほか)
■第4章 「命のシナリオ」に耳を傾ける(命には寿命をまっとうできる仕組みがある/臓器別医学は医者をダメにする ほか)

 
             

 病気にならない生き方      病気にならない生き方2(実践編) 
posted by てつ at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

金融資産

「家計の金融資産に関する世論調査」平成18年調査結果によると、金融資産の平均保有額は、1,073万円、中央値は、420万円。このうち金融資産を保有している世帯のみをみると、平均値は1,440万円、中央値は762万円となっている。

世帯別にみると、2人以上の世帯の平均保有額は、1,119万円、中央値は470万円(うち金融資産保有世帯では平均保有額1,488万円、中央値800万円)。単身世帯の平均保有額は470万円、中央値は75万円である。

金融商品別に見ると、預貯金(郵便貯金を除く)の構成比がもっとも高く約4割、ついで郵便貯金が約15%を占め、両者合計で5割強となった。また、株式や投資信託の構成比がそれぞれ増加している。

一方、借入金に関して、借入金のある世帯の割合は約4割と、前年とほぼ同水準となっている。また、借入金の平均額は全体で536万円、うち借入金のある世帯のみでは1,368万円となり、ともに前年を下回った。世帯別にみた借入金平均額は、単身世帯が136万円(うち借入金のある世帯748万円)と前年比増加した一方、2人以上の世帯では、566万円(同1,388万円)と前年比減少している。

今後の金融商品の保有希望では、預貯金が5割強と前年に比べ増加したことに加え、有価証券も約2割と前年よりわずかに増加した。
預貯金残高(郵便貯金を除く)別にみると、保有する預貯金残高が大きくなるにつれて預貯金と郵便貯金の保有希望が減少し、有価証券や外貨建金融商品の保有希望が増加している。


【産能大の通信講座】使える!金融商品の基礎知識コース

【産能大の通信講座】1からはじめる!「ライフプラン」コース[シニア]

【産能大の通信講座】1からはじめる!「ライフプラン」コース[ミドル] 
 



posted by てつ at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

外国語

これからは3ヶ国語くらい話せて当たり前の世界になるのは確実です。そういう意味では、今の若者は大変だとも言えます。地球上の物理的な距離は遠くても、情報システムや通信機器の驚異的な発達によって、外国の人も隣の人も同じようになりました。

ビジネスでは当然のことながら、旅行したり、遊びに行くのも外国という時代が来たからには、一番の問題は「ことば」であるのは間違いありません。
普通に日本で暮らしている一般の人にとっては、頑張ったところで2ヶ国語習得が精一杯のところだと思います。

そんな時、重宝になるのが「翻訳機」です。これを上手に使うと、外国へ行って、外国の人と話したくなるから不思議なものです。
まだ使ったことのない人は、出来るだけ早く、この機械に慣れておく必要があります。慣れれば確実に外国旅行が10倍楽しめます。
これからの海外旅行には必需品です。この機械を持ってることが外国で安全対策のひとつにもなるのですから重要です。

4ヶ国語対応の本格的音声付翻訳機Worldmate(ワールドメイト)
4ヶ国語対応の本格的音声付翻訳機Worldmate(ワールドメイト)
posted by てつ at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

人生は常に勉強

人には「知識欲」があり、「学習」で得られる成果の一つに「達成感」があります。これは他では得がたい満足感の一つです。だから、人生は常に「学習/勉強」なのだと思います。

シニアになってから何かの「学習/勉強」を始められる人も多いのです。
83歳でパソコンを始められ、WordからExcel、そしてハガキにデジカメ、インターネットを約1年半でマスターされたおばあさんがおられます。私も長いことパソコンを教えてますが、この方にはびっくりします。今86歳で毎月2回はゴルフです。この方いわく、「頭と体の体操をバランスよくやるのがいいのですよ」

「ゴルフ」に「社交ダンス」、「絵画」に「お琴」。学習意欲はとどまるところを知りません、とはこの人のような方のことを言うようです。
先月からユーキャンの「漢字講座」を受講し始めたとか・・。

彼女が私に奨めてくれた「漢字講座」です。

ユーキャンの漢字検定通信講座

  ユーキャンの漢字検定通信講座 標準学習期間:6ヵ月  価格:29000円



年々人気上昇の漢字能力検定試験。試験会場の様子はニュースでもおなじみになりました。老若男女を問わず横一線で受験できるこの試験は、事前にどんな学習をしたかで結果が大きく左右されます。本講座は検定試験の短期合格を目指す人、漢字に強くなりたい人のために、漢字が楽しみながら身につくよう細部まで合理的に設計されています

posted by てつ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。