2012年11月04日

ガイガーカウンター

「ガイガーカウンター(Geiger counter)」とは、放射線測定器のことです。

チェルノブイリの原発事故で大きな影響を受けたロシアでは、放射線に対して政府レベルで安全性の向上を目指す取り組みをしてきました。そのため、今までに蓄積された知識やデータの量が日本とは格段に違います。放射線測定に関して信頼性を考えるなら、ロシア製のガイガーカウンターが一番とされています。

「Geiger counter(ガイガーカウンター) RD1503」(個人用放射線測定機)
この商品はロシアのメーカーからの直送品です。仕様書には検品後のサインとシリアルナンバーが手書きで入っています。
ボタンを押せば、10秒でベータ線、ガンマ線の測定ができます。範囲は0.05〜9.99マイクロシーベルトを毎時表示します。使い方はいたって簡単、片手で操作できます。
          
        ガイガーカウンター.jpgガイガーカウンター 放射線量測定器 RD-1503 ロシア製
 ※日本語取扱説明書・技術保証書 ・単4電池2本が付いています。

住居や、オフィス、食べ物や飲み水の放射線レベルまで測定できます。放射線レベルの強さによってアラームも設定でき、目に見えない危険を探知してくれます。
残念ですが、これからはこのような機器まで1台準備しておかないと安心できなくなりました。
ラベル:放射線測定器
posted by てつ at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

たためるヘルメット「タタメット」

”備えあれば憂いなし”
安心・安全に勝るシニアライフはありません。中でもいつ起きるかわからない災害には、日ごろの備えが一番肝心なことは言うまでもありません。
災害の時の必需品の一つがヘルメットです。頭を守る防災グッズとしてヘルメットは一番ですが、家庭で備えるにはかさばるのが難点。
そんな問題を解消したのが、このたためるヘルメット「タタメット」です。
畳めるヘルメット「タタメット」
icon
       畳めるヘルメット「タタメット」icon

重さ約300gという軽さで、折り畳むとわずか3bの薄さになり、タンスの引き出しや非常用袋に収納でき、携帯にも便利です。
※イザという時、どこに置いたか忘れた、というようなことがないように少しかぶる練習が必要かも・・。

強度も充分にあり、後頭部から首まで保護するよう形状が工夫されています。いざというとき、パッとかぶれて落下物から大事な頭を守ります。まさしく”備えあれば憂いなし”ですね。
posted by てつ at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。